<全米女子オープン 3日目◇11日◇ランカスターCC(6,460ヤード・パー70)>

 米国女子メジャー「全米女子オープン」の3日目。首位と3打差の2位タイから出た大山志保は1バーディ・1ダブルボギーの“71”でラウンド。スコアを1つ落としトータル3アンダー4位に後退した。

力強いガッツポーズが魅力!大山志保、フォトギャラリー
 大山は5番で3オン3パットのダボを叩くと、その後はパーを重ねて折り返す。後半は11番で2メートルを決めてバーディを奪取。その後はチャンスを迎えたが、決めきれずにスコアカード通りのプレー。スコアを落としたが、「ベストを尽くせたので悔いはない」と言い切った。

 「明日がやっぱり勝負なので、もう上に行くことしか考えないで。ここに戻ってこれたということ、プレーできていることだけでも幸せ。ここでいろいろ経験して、自分に足りないものを吸収して今後につなげたいなと思う」と最終日への意気込みを熱く語った大山。

 「優勝と思うとたぶん、空回りしそうなので」、目標は3位以内に入ること。しかし、「トップにいたら、絶対に優勝したい」。首位とは5打差と離されてしまったが、前半でチャージをかけられらた、もちろん栄冠を狙いにいく。

 昨日は勝負ウエアの赤でスコアを伸ばした大山。「明日は日本をイメージして白赤を着る。日本を代表して頑張ります」、気合の“日の丸ウエア”で最終日を戦い抜く。

<ゴルフ情報ALBA.Net>