<全米女子オープン 2日目◇10日◇ランカスターCC(6,460ヤード・パー70)>

 エイミー・ヤンが金曜日に“66”の4アンダーをマークし「全米女子オープン」の36ホールをトップで通過した。韓国出身25歳のヤンはロレックスランキング3位のステイシー・ルイスと日本の大山志保の2位の2人に3打リードの7アンダーで首位に立っている。初日トップタイとしたマリーナ・アレックスは3アンダーで単独3位に立ち4打差としている。ヤンと大山はこの日のベストスコアを出した。ヤンの2日間のトータルスコア133は「全米女子オープン」36ホール終了時点の大会史上最小スコアとなる。ヤンはバックナインの11番から14番で4連続バーディを奪い後続を引き離した。

米国女子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 彼女は金曜日に16ホールでパーオンし2度しかフェアウェイを外さなかった。「今週は安定して打てていますね」とヤン。「フェアウェイにボールをキープすることが大事ですね。特にこの広く長いラフなので。昨日も今日もフェアウェイキープが良かったですね。主にスイングが非常に良かったです」。ヤンにとってメジャー大会をトップで折り返すのは初めてのことだ。ここ何年か彼女は今大会でいい成績を残しており、5度出場し4度トップ10入りを果たしている。「ここで楽しんでいるだけです」、ヤンは言う。「コースがタフですから我慢するだけですね。そしてこの難しいコースを楽しむのです」。

 ステイシー・ルイスがこの日最後のホールの9番ホールでヤンを2打追いかけたがグリーンサイドのバンカーからのアプローチに失敗し4アンダーに落としてしまった。第2打をつっこんだことが失敗で気をもんだのだろうとルイスは言う。「9番でのミスがこの日一番の失敗ね」。

「後悔の何ものでもないわ」。ルイスは3度目のメジャー制覇と初めての全米女子タイトルを狙っている。30歳のルイスは彼女の自信が高まっていると言い、彼女のアイアンショットがこの日決定的だったと語った。16ホールでパーオン、2ラウンド終え5位タイとしている。「ボールがはるか遠くに行ってしまうのを感じたのはすごく久しぶりです」。

「ハイブリッドがあんなに当たり方するなんてがっかりでした。8番9番の2打以外、他のショットは行くべきところに行きました。5番アイアンで軽く打ったときは良かったですね。だいたいは非常に安定していました」。

 前年覇者のミシェル・ウィーは初日“72”だったものの2日目は“68”で2アンダーに伸ばし12位タイに一気に順位を上がった。「非常に良かったですね」とウィー。「今日のラウンドに関しては満足していますし、昨日よりもだいぶ良かったです。昨日の悪かった点を今日直せたのが良かったです。今日は昨日よりもフェアウェイに打てましたしアイアンが昨日よりも正確でした。今日修正できたように明日も向上させなくてはいけませんね」。

※USLPGA公式サイトより提供

<ゴルフ情報ALBA.Net>