イリノイ州にあるTPCディアランを舞台に開催されている米国男子ツアー「ジョン・ディア・クラシック」。初日2アンダー・61位タイからスタートした石川遼は3つスコアを伸ばしトータル5アンダー・42位タイで予選ラウンドを通過した。

今季の米国男子ツアーを写真で振り返る
 2日間を終えて、首位に立ったのは初日“63”とロケットスタートを見せたジャスティン・トーマス(米国)。2日目も“67”でラウンドし、トータル12アンダーまでスコアを伸ばしている。2位・11アンダーにつけるのは、ジョンソン・ワグナー(米国)とトム・ギリス(米国)。ワグナーは初日37位タイから8つスコアを伸ばし一気に浮上してきた。

 また今季メジャー2冠のジョーダン・スピース(米国)は初日イーブン・101位タイからトータル7アンダーまで伸ばし、16位タイにジャンプアップ。優勝を狙える位置に躍り出た。

 以下は予選ラウンドを終えての順位。

【2日目の順位】
1位T:ジャスティン・トーマス(-12)
2位T:ジョンソン・ワグナー(-11)
2位T:トム・ギリス(-11)
4位T:ダニエル・サマーヘイズ(-10)
4位T:スコット・ピンクニー(-10)
4位T:ウィル・ウィルコックス(-10)
7位T:ブライス・モルダー(-9)ら4選手

16位T:ジョーダン・スピース(-7)
42位T:石川遼(-5)

<ゴルフ情報ALBA.Net>