<全米女子オープン 初日◇9日◇ランカスターCC(6,460ヤード・パー70)>

 日本勢11選手が出場している米国女子メジャー「全米女子オープン」が9日(木)に開幕。悪天候の影響で日没サスペンデッドとなった初日だが、海外メジャー初出場となる鈴木愛が幸先良いチップインバーディを見せるなど“70”のイーブンでホールアウトし、大山志保と並び、日本勢最上位に立っている。

全米女子オープンのフォトギャラリー!
 序盤を連続パーで切り抜け、迎えた3番。10ヤードのアプローチをカップインさせ、初バーディを奪った鈴木。「短いアプローチが難しい中でバーディーが先行したのは良かった」と前半は大きな波風を立てることなく、1アンダーでハーフターンした。

 後半の立ち上がり10番でバーディを奪取し、このまま積み上げていきたいところだったが、ここからは耐える展開に。11番で一つスコアを落として迎えた14番で痛恨の“ダボ”。ティショットがフェアウェイ右のバンカーにつかまり、2打目は傾斜のキツいつま先上がりのライ。「目の前のアゴが気になって“フックをかけたい”と思って打ったけど、アドレスがしっかり取れていなかったのでダフってしまった。短いクラブでしっかり出すべきでしたけど、ちょっと欲が出てしまった」と判断ミスを反省した。

 気持ちを引きづった15番もピンチを招くが、3打目を約1mにつけ、パーで切り抜けると流れが変わる。16番、17番で“ダボ”を帳消しにする連続バーディ。17番パー3ではピンそば1m以内につけるショットを見せつけた。最終18番はボギーとなってしまうが「最低イーブン以上で終わりたいと思っていた。後半は流れをしっかり作れて16番、17番でバーディーが奪えたし、最後の18番は惜しかったけど、良いラウンドでした」と、目標達成となった。

 「メンタル面をしっかりと保っておかないと、すぐにダボ、ボギーがきてしまう」と海外メジャー特有の緊張感を実感した初日。「(14番では)キャディさんにボギーパットを打つ前に“ボギーパットを外しても切れたらいかんで”と言われた。セカンドショットで無理をしたので仕方ないと思えた」と経験豊富な梅原敦キャディに助けられた。初日に気持ちを切り替えてピンチを切り抜けた経験を出来たことは明日以降につながるだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>