<日本臓器製薬レディース ABC杯 2日目◇2日◇ABCゴルフ倶楽部(6,401ヤード・パー72)>

ステップ・アップ・ツアー第5戦「日本臓器製薬レディース ABC杯」の最終日。トータル5アンダーでホールアウトした大竹エイカと鎌田ヒロミがプレーオフに突入。プレーオフ2ホール目でバーディを奪った大竹が、ステップ3勝目を挙げた。

人気女子プロの特選フォト満載!「写真館」
 最終ホールまで首位を走っていた柏原明日架は18番でボギーを叩き、酒井千絵、小竹莉乃と並び、通算4アンダーの3位タイで競技を終えた。

 大竹は昨年のステップ「カストロールレディース」でホステスプロとして優勝。「(カストロールの)小石社長は何も言わないで、“一生懸命やるなら好きにしていい”って応援だけしてくれます。今回もメールで一言“エイカ勝て”って応援メッセージをもらいました。見てくれているんだなって思いましたし、プレーオフに入ってからそのメッセージがよぎりましたね」、スポンサーからの激励を力に変え、見事勝利をつかんだ。

 「レギュラーに出られるのがうれしいです」。この勝利で「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディース」からの3試合の出場権を獲得。勢いに乗り、レギュラーでも上位を狙いにいく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>