<長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップ 事前情報◇1日◇ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(7,167ヤード・パー72)>

 先週の「ISPSハンダグローバルカップ」で3年ぶりのツアー通算6勝目を挙げた武藤俊憲。「意外と反響は大きかった。家族だけでなくニュージーランドオープンの時の知り合いやいろんな方からメッセージをいただいて。まだ返事を返せていない方もいます」と勝利の余韻を残したまま北海道に入った。

国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 しかし、今週のコースに向き合うと連勝へ向けては、威勢のいいコメントは聞かれない。「このコースは苦手なんです。グリーンが大きいでパーオン率は高いけど、その分3パットが多くなってしまうんですよね」とコースとの相性の悪さを口にした。過去の成績を見ても2012年、2005年以外はすべて予選落ち。数少ない苦手コースの一つだ。

 だが、優勝して迎える今大会だけに今までとは気分が違うのも事実。「優勝するために一生懸命練習しているし、ハードなトレーニングもしている。優勝するために出場するので、切り替えてがんばりたい」。2週連続優勝となればもちろん初めてだ。予選ラウンドは金庚泰(キム・キョンテ)(韓国)、藤田寛之の歴代優勝者2人と回る。

<ゴルフ情報ALBA.Net>