<アース・モンダミンカップ 最終日◇28日◇カメリアヒルズカントリークラブ(6,541ヤード・パー72)>

 「アース・モンダミンカップ」は最終日最終組で回った、イ・ボミ(韓国)と李知姫(韓国)がともに14アンダーで並びプレーオフに。ボミは1ホール目のバーディパットを外した時点ですべてのギャラリーは李の勝利を確信しただろう。1m強のパットを沈めれば李の勝利。だがフックラインを読んだ李のパットはカップの右側をかすめ、まさかの2ホール目に突入した。

アース・モンダミンの模様をLIVE PHOTOで!
 李のバーディパットを見届けていたボミの心境は「あの距離はすごいプレッシャーがかかるのは私もわかるので、もう一回チャンスが来たらいいな」と諦め半分。だが負けを覚悟したなかで、まさかの“もう一回”が訪れた。

 18番パー5での2ホール目。切りなおされたピンポジションはグリーン手前。エッジから落としても下り傾斜のため、奥にこぼれる可能性が高い難しい位置だった。ボミのサードショットはフェアウェイセンター70ヤード地点で、李はほぼ同じ距離のフェアウェイバンカーから。先に打った李のバンカーショットはグリーンで止まらず奥にこぼれるが、ボミの放ったショットは、先ほどのお返しとばかりに約30cmにつけるスーパーショット。この一打で勝負が決し、ボミが通算10勝目を手にした。

 今大会は「調子もいいし、ドライバー、アイアンは完璧。でもウェッジの距離感がどうしても合わなかった…」と100ヤード以内の距離に不安を持って戦っていた。そこでタッグを組む清水重憲キャディは“今週はウェッジ勝負になる”と察して、プロアマの日の練習から、57度ウェッジの距離である80ヤードを除いた、50、60、70、90ヤードを徹底的に繰り返した。ボミいわく「今週練習場でやったのはウェッジの距離感だけです」。

 初日から最終日18番までウェッジの距離感が合っていなかったが、最後の最後で練習の成果が出た完璧なショット。「清水さんが風を読んでくれて、練習どおりにいってくれた」と、対策を練ってくれた清水キャディに報いる一打だった。

 この勝利で、獲得賞金は1億円を突破。今季は、優勝賞金2,160万円で3日間大会としては国内最高額を誇る『ほけんの窓口レディース』で1勝目、そして2,520万円とこちらも高額な今大会で2勝目。「賞金が高いところで良い成績を出さないと今年の目標には届かないので毎回頑張るけどもっと集中しますね」と、優勝を狙い撃ちした大会での見事な“プラン勝ち”を果たしたが、賞金女王獲得へ気持ちが緩むことはない。

 今季の目標“5勝”に向けて、2週間のオープンウィークも「1週間はちゃんと休んで、次の1週間はトレーナーさんが韓国にくると思うので、きついトレーニングをしないと。後半戦が大事なので」。今季のボミに付け入る隙はないかもしれない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>