<トラベラーズ選手権 2日目◇26日◇TPCリバーハイランズ(6,841ヤード・パー70)


 コネチカット州にあるTPCリバーハイランズで開催中の米国男子ツアー「トラベラーズ選手権」2日目。初日51位タイと出遅れた石川遼は、この日も巻き返しはならず、1バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの“74”でラウンド。スコアを4つ後退させトータル2オーバーで予選落ちを喫した。

遼、松山の戦いを写真で振り返る
 石川はインコースからスタート。出だしの10番でティショットを右に曲げいきなりのOB、このホールはダボと最悪の滑り出しに。「後半はかなり良い感じのショットになった」そうだが、序盤での躓きが最後まで尾を引き決勝ラウンドに駒を進めることはできなかった。

 これで3試合連続の予選落ち。「よくなるまでにもう少し時間かかるかな。残り試合少ないけどその中で1試合、2試合良い試合があればシード的には届く。そんなに焦りはない」。結果が残せないもどかしさがあるが、その中でも前を向いて戦うしかない。

 石川は現在、「昔のように体重移動を多くつかったスイングで、フェースローテーションをインパクト前後で小さくする」スイングに改造中。「大きい筋肉、足を使っていかないと、身体全体つかっていかないと自分の場合はやっぱりタイミングあってこない」、アメリカで戦っていくうちに小さくなっていた自分のスイング。今より飛距離を伸ばし、気持ちよく振り切るために、まずは結果よりもこちらを重視する意向だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>