<ISPSハンダグローバルカップ 2日目◇26日◇ヴィンテージゴルフ倶楽部(6,774ヤード・パー71)>

 国内男子ツアー「ISPSハンダグローバルカップ」の2日目は打って変わり荒天となった。そんな中でも初日首位につけた矢野東は荒天をものともせず2日連続の“66”をマーク、単独首位に躍り出た。

国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 この日は小雨がぱらつく中でのティオフとなった矢野。これから強くなるという予報に「今は風もないし良いコンディション。何とかこのまま持ってくれ」という気持ちでOUTからスタート。すると6番までに3つのバーディを重ね順調な滑り出しとなった。ところが6番までもった天候が7番で傘が手放せない雨脚に。

 「そこからはね、なるべくボギーを打たないように。そして1ホールでも多く消化しようと思った」と矢野、悪天候の中でもその後1バーディ・1ボギーでスコアを落とさず凌いだ。そして迎えた17番(パー3)で単独首位をに抜け出す一打が生まれる。

 ティショットではグリーンを花道の脇に外しカップまで20ヤードが残ってしまう。その時点で「ボギーもあるな」とややあきらめムードとなった。ところが、そのあきらめかけた2打目がチップイン。起死回生のバーディを奪取した。さらに最終18番でも連続バーディで締めてトータル10アンダー、リーダーボードのトップで決勝ラウンドへ駒を進めることとなった。

 17番のアプローチは決して得意ではなかった。「言い訳できないようなライの良いところからのアプローチに苦手意識があった」。だからティショットを打ち終えたあとボギーを覚悟していた。

 ネガティブな気持ちにさせたのは、「元々自信があった」というパターが原因。「成績が良いときはアプローチやパターのミスもそんなに気にしていなかった。それがスコアがでなくなってくるにつれて段々不安に…」。パットの自信を失いかけてくると、「その分アプローチを寄せないとって。その気持ちが、段々アプローチも怖いものにしていった」と悪循環、負のスパイラルにに嵌っていった。

 だから、去年はグリーンを外したら迷わずパターを手に取った。だが、“それではいけない”と今年のオフにコーチと入念にアプローチをチェック。そうして試行錯誤を重ねた末にある決まりごとを作った。「今シーズンはそういう状況ではできる限りウェッジを持とう」。

 そうして少しずつ自分を信じる気持ちが徐々に戻り、今週に繋がった。「取り組んできたことを出せたことが何より嬉しい。かなり自信につながった」。矢野にとって1ストローク以上に価値のあるバーディに、何度も何度もガッツポーズを繰り返した。

 2位に3打差をつけて迎える決勝ラウンド。2008年以来となるツアー4勝目も見えてきた。だが、優勝ことはまだ考えていない。「毎日アンダーパーを出すことが今の目標。ここまで順調ですし明日以降もそれを目指していきたい」と。明日はイアン・ポールター(イングランド)、トーマス・エイケン(南アフリカ)という海外の強豪との同組となるが、「まずは自分が良いゴルフをしないと。今はそれどころじゃない」と意識せずに戦う構え。去年味わったシード落ちという屈辱を晴らすため、この日得た自信を胸にムービングデーに臨む。

<ゴルフ情報ALBA.Net>