<ISPSハンダグローバルカップ 2日目◇26日◇ヴィンテージゴルフ倶楽部(6,774ヤード・パー71)>

 山梨県にあるヴィンテージゴルフ倶楽部で開催されている「ISPSハンダグローバルカップ」。この日、午前組でスタートした武藤俊憲が6バーディ・3ボギーの“68”でラウンド。トータル6アンダーの4位タイに浮上した。

国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 初日は、多くの選手が伸ばしあぐねた午後組だった武藤。それでも“68”をマークした。そんな初日の流れをこの日も継続。OUTコースからスタートすると、序盤2番でバーディが先行。3番、7番でボギーを叩いたが、8番、9番で連続バーディ。前半1つ伸ばして折り返した。

 後半の10番ではハーフターンを跨ぎ3連続のバーディ。さらに12番でもバーディを重ねた。その後雨が落ちて天候が悪くなるも、スコアを落とさずにそのままフィニッシュ。首位と4打差で決勝ラウンドに迎える。

 4位タイに浮上したが、どこか納得のいかない表情の武藤。「グリーンも硬かったし、ピンポジは厳しい。3アンダーは良いスコアと言っていいんじゃないですかね」といいながら、もっと伸ばせたというのが正直なところだろう。アプローチやパターでスコアをのばしたが、「ショットで取りこぼしたのが2、3ホールある…」と。

 今週から「ボールとドライバーとパターを去年の秋に使っていたものに戻しました」という武藤。2週連続予選落ちを期にクラブセッティングを一新した。「あの時調子良かったので、一度リセットする意味も込めてね」。すると調子も徐々に上がり始め、昨季4試合連続でトップ10フィニッシュした頃の調子が戻ってきたという。

 「今年変えたのには理由があったんですけど、何と言うか前のセッティングが自分に染み付きすぎていて変えたものにハマらなかった感じです。曲がるはずなのに曲がらないとか、思ったより飛んじゃったりとか。なかなか難しいですよね」。シーズン序盤はゴルフが噛み合わなかったが、「遠回りしましたけど後悔はまったくないですよ。こうして今日の結果につながったわけですしね」。

 日本の誇るショットメーカーも2012年の「関西オープン」以来勝ち星はなし。昨年5月には左足首のじん帯を断裂する大けがも負いゴルフどころではなかった時期もあった。それでも今では「もう痛くないし問題なくゴルフできてますよ」と復活、ゴルフの調子も徐々に上がっている。本来のショットが戻ってくれば、3年ぶりの勝利も見えてくるはずだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>