<アース・モンダミンカップ 初日◇25日◇カメリアヒルズカントリークラブ(6,541ヤード・パー72)>

 初日からバーディ合戦となった「アース・モンダミンカップ」。今季3勝目を狙う成田美寿々は「目標的には3アンダーぐらい。簡単だったから“4つは”と思っていたけど、結果的にもう一つ上積み出来てよかった」と7バーディ・2ボギーの“67”でのラウンド。5アンダーで首位タイにつける絶好のスタートを切った。

大会初日の模様を「ライブフォト」で!
 「最初の3ホールくらいはアイアンの距離が合っていなかったので、今日は大丈夫かなぁと思った」という成田は、3番まではボギー先行。しかし4番パー3で初バーディを奪いイーブンに戻すと「ここから修正できて欲張らずにやれた」と前半で1つ伸ばして折り返す。

 迎えた後半。10番、11番での連続バーディで奪い、上位に顔を出すと、上がりの2ホールでも連続バーディ奪取。「今日バーディが欲しいと思ったのは18番(パー5)くらい。“セカンドは左ラフからなら簡単だよね”ってキャディと話していて、狙い通りだった」と最後まで“欲張らない”精神が功を奏した。

 「とりあえず自分のゴルフは出来た」と初日を振り返った成田のコースの印象は“簡単”。その分明日以降の伸ばし合いを警戒している。「伸ばさないと置いていかれる。簡単な分慌てずに、締めのパッティングが上手くいけば」。

 この展開で活きてくるのは直近の大会での成功体験だ。2勝目を挙げた『サントリーレディス』でも“欲張らずに”“ガツガツせずにという自然体の心持ちで、初日ベストスコアで首位発進。今季メンタル面で成長を見せる成田にとってプレッシャーを掛け合うバーディ合戦も望むところだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>