<ISPSハンダグローバルカップ 事前情報◇23日◇ヴィンテージゴルフ倶楽部(6,774ヤード・パー71)>

 新規トーナメントとなる国内男子ツアー「ISPSハンダグローバルカップ」が、山梨県にあるヴィンテージゴルフ倶楽部で25日(木)から28日(日)まで4日間に渡って開催される。

松山英樹と握手をかわすイアン・ポールター
 “グローバルカップ”の名のもとに、世界からトップ選手が集結した。今大会には先週の「全米オープン」で7位に入った11年「マスターズ」覇者チャール・シュワーツェル(南アフリカ)、13年「全米プロゴルフ選手権」覇者ジェイソン・ダフナー(米国)という2人のメジャーチャンピオンを始め、イアン・ポールター(イングランド)、ジョン・センデン(オーストラリア)、チャーリー・ホフマン(米国)など海外招待選手が多数参戦。日本人3人目の米ツアー勝者である今田竜二も出場するなど、国際色豊かなフィールドとなった。

 予選ラウンドの組み合わせはシュワーツェルが近藤共弘、ISPS所属のホストプロ藤本佳則と同組。ダフナーは今田とこちらもホストプロ谷原秀人とのペアリングとなった。「全米オープン」ではコースを大批判するなど何かと話題をふりまいている“お騒がせ男”ポールターは小平智、片岡大育という若手有望株と予選ラウンドを共にすることとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>