<全米オープン 最終日◇22日◇チェンバーズベイGC(7,384ヤード・パー70)>

 ワシントン州にあるチェンバーズベイGCで開催された、米国男子メジャー第2戦「全米オープン」。4人がトータル4アンダーの首位タイで並んで迎えた最終日は大混戦のまま終盤戦にもつれ込み、最終ホールのバーディでトータル5アンダーでフィニッシュしたジョーダン・スピース(米国)が「マスターズ」に続くメジャー連勝を達成した。 

マスターズ制覇でグリーンジャケットを羽織るジョーダン・スピース
 スピースは1番でボギーが先行するも、8番、12番とバーディを積み重ねると16番では約5メートルをねじ込んで3つ目のバーディ。この時点で2位に3ストローク差をつけた。続く17番ではダブルボギーを叩いて並ばれたものの最終18番でバーディを奪って一歩抜け出した。マスターズ、全米オープンの連勝は史上6人目。02年のタイガー・ウッズ(米国)以来の快挙となる。

 トータル4アンダーの2位タイには最終ホール決めれば優勝のイーグルチャンスから3パットでまたもメジャータイトルを逃したダスティン・ジョンソンと、この日3つスコアを伸ばしたルイ・ウーストハウゼン(南アフリカ)。アダム・スコット(オーストラリア)がこの日ベストとなる“64”を叩きだしトータル3アンダーの4位タイフィニッシュを決めている。

 スコットと同組でトータル3オーバー19位タイからスタートした松山英樹は5バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの“70”で回り、トータル3オーバー18位タイで4日間を終えた。

【最終結果】
優勝:ジョーダン・スピース(-5)
2位T:ダスティン・ジョンソン(-4)
2位T:ルイ・ウーストハウゼン(-4)
4位T:アダム・スコット(-3)
4位T:キャメロン・スミス(-3)
4位T:ブランデン・グレース(-3)
7位:チャール・シュワーツェル(-2)
8位:ブラント・スネデカー(-1)
9位T:ローリー・マキロイ(E)

18位T:松山英樹(+3)

<ゴルフ情報ALBA.Net>