<全米オープン 最終日◇22日◇チェンバーズベイGC(7,384ヤード・パー70)>

 ワシントン州にあるチェンバーズベイGCで開催された、米国男子メジャー第2戦「全米オープン」の最終日。トータル3オーバーの19位タイからスタートした松山英樹は5バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの70で回り、トータル3オーバー18位タイで4日間の戦いを終えた。

批判続出の開催コース チェンバーズベイの全貌とは?
 この日はアダム・スコット(オーストラリア)と共にスタートした松山は1番でセカンドを1メートルにつけてバーディが先行。3番でボギーを叩くも4番では2.5メートルを沈めてバーディを奪った。

 しかし、5番でボギーを叩くと続く6番では痛恨の4パットで4日間連続となるダブルボギー。それでも8番、12番とバーディを奪い返すと、15番はボギーも16番でバーディを奪ってホールアウトした。

 優勝はトータル5アンダーでフィニッシュしたジョーダン・スピース(米国)。スピースはマスターズに続く史上6人目のメジャー2連勝となる。

【最終結果】
優勝:ジョーダン・スピース(-5)
2位T:ダスティン・ジョンソン(-4)
2位T:ルイ・ウーストハウゼン(-4)
4位T:アダム・スコット(-3)
4位T:キャメロン・スミス(-3)
4位T:ブランデン・グレース(-3)
7位:チャール・シュワーツェル(-2)
8位:ブラント・スネデカー(-1)
9位T:ローリー・マキロイ(E)

18位T:松山英樹(+3)

<ゴルフ情報ALBA.Net>