<ニチレイレディス 最終日◇21日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 新袖コース(6,584ヤード・パー72)>

 “裏街道”10番ティスタートの1組目から出た、テレサ・ルー(台湾)がこの日7バーディ・ノーボギーで今週のベストスコア“65”をマーク。7つスコアを伸ばす猛チャージで昨日の27位タイから一躍単独7位に浮上し競技を終えた。

テレサ・ルーの特選PHOTOを写真館でチェック!
 会心のプレーを演出したのはパッティング。今週から日本にまだ数本しかないオデッセイのプロトタイプパターを実戦投入したが「初日、2日目よりも入りました。昨日まではラインが読めませんでしたが」。パターも手になじみ、「いいイメージが出ない」というこのコースのグリーンにもようやく対応しスコアを爆発的に伸ばした。

 ショットも切れ、5番ではピンを直撃するスーパーショットを披露。ボールはピンから1メートルに止まり、バーディを奪取、「先週はピンに当たってグリーンから出てしまったけど、今週は残ってくれてよかった」と笑顔を見せた。

 現時点で平均ストローク数は1位をキープ。目標とする60台には届いてないが、安定感はバツグンだ。最終日にスコアをここまで伸ばせるのは高い実力の証明だが「何にも考えていませんよ!」と飄々とした笑顔で報道陣をかわしたルー。ベストスコア賞の賞金は30万円。ルーがホールアウトした時点で表彰式までは2時間近くあったが、「待ちます!喜んで!」とクラブハウスに入っていった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>