<全米オープン 3日目◇20日◇チェンバーズベイGC(7637ヤード・PAR70)>

 ワシントン州にあるチェンバーズベイGCで開催中の2015年のメジャー第2戦「全米オープン」。2日間を終えて、トータル1オーバーで決勝ラウンドを迎えた松山英樹。スタートホールの1番パー4で6.5メートルのバーディパットを沈め、幸先よくイーブンに戻すが、9番、11番でスコア落としてしまう。

【関連】難コース・チェンバーズベイGC コースガイドはこちら!
 そしてボギー先行となって迎えた14番パー4でバンカーにつかまり、3打目が出ず。このホールでダブルボギーとなり、トータル4オーバー。16番、17番も惜しいバーディパットを放つが、決めきめず。

だが最終18番でこの日2つめのバーディを奪い、トータル3オーバーでホールアウトした。暫定で19位タイとなっている。

 3日目を終えて松山は「リズムは変わることなくできた。(ここまで終えてこの位置は)ちょっと残念ですが、いいところもありましたし、ミスをどれだけ減らせるか。上位も伸びてないですし、トータルアンダーパーまで戻せるゴルフができれば」と話し、最終日の巻き返しを誓った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>