<全米オープン 2日目◇19日◇チェンバーズベイGC>

 ワシントン州にあるチェンバーズベイGCで開催中の2015年のメジャー第2戦「全米オープン」。松山英樹はトータル1オーバーで2日間の予選ラウンドを終えた。

 前半でスコアを1つ落とした松山だが、後半12番でバーディを奪うと、1つボギーの後の14番でもバーディ奪取。その後はパーを重ねてホールアウトし、トータル1オーバーと現在21位タイとなっている。

 現時点でのトップは3人。ダスティン・ジョンソン(米国)、ジョーダン・スピース(米国)、パトリック・リード(米国)が5アンダーで並んでいる。

 その他日本勢では川村昌弘は、17ホールを消化し7オーバーと大乱調。INからスタートした藤田寛之は、8番を終えてトータル5オーバーの63位タイにつけている。薗田峻輔は10オーバーと後半にスコアを1つ伸ばした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>