<世界ランキング>

 最新の男子世界ランキングが発表され、米国男子ツアー「フェデックス・セントジュード・クラシック」で優勝したファビアン・ゴメス(アルゼンチン)が157ランクアップし、131位に浮上した。

米国男子ツアーを写真で振り返る!
 同大会2位のグレッグ・オーウェン(イギリス)も149ランクアップで193位に。トップ10はダスティン・ジョンソンを除く選手は大会出場していなかったこともあり、ほぼ変動はなかった。松山英樹も今大会出場しなかったものの14位をキープ。今週はメジャー第2戦「全米オープン」が開催。この順位がどう変動するか注目だ。

 また、国内男子ツアーとワンアジアツアーの共催大会「シンハコーポレーション タイランドオープン」を制したキム・キョンテ(韓国)が、334位から245位に浮上した。同大会4位タイの宮里優作も7ランクアップし235位に順位をあげた。



【男子世界ランキング】
1位:ローリー・マキロイ(12.92pt)
2位:ジョーダン・スピース(9.28pt)
3位:ジム・フューリク(6.80pt)
4位:バッバ・ワトソン(6.77pt)
5位:ジャスティン・ローズ(6.65pt)
6位:ヘンリック・ステンソン(6.52pt)
7位:ダスティン・ジョンソン(5.85pt)
8位:セルヒオ・ガルシア(5.81pt)
9位:リッキー・ファウラー(5.78pt)
10位:ジェイソン・デイ(5.65pt)

14位:松山英樹(4.46pt)

96位:小田孔明(1.59pt)
105位:岩田寛(1.52pt)
122位:近藤共弘(1.35pt)
129位:片山晋呉(1.28pt)
131位:ファビアン・ゴメス(1.26pt)
137位:谷原秀人(1.23pt)
158位:石川遼(1.06pt)
164位:藤田寛之(1.05pt)
176位:藤本佳則(1.02pt)
186位:池田勇太(0.98pt)
193位:グレッグ・オーウェン(0.95pt)
195位:タイガー・ウッズ(0.93pt)
235位:宮里優作(0.78pt)
245位:キム・キョンテ(0.72pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>