<全米オープン 事前情報◇15日◇チェンバーズベイGC>

 2015年の男子メジャー第2戦「全米オープン」は、ワシントン州にあるチェンバーズベイGCを舞台に18日(木)に開幕する。世界ランキング14位、FedExカップポイントランキング9位で今大会を迎える松山英樹は大きな注目を集めて2007年開場のリンクスコースでの戦いに挑むこととなる。

チェンバーズベイってどんなコース?全米OP特集
 PGAツアー公式ホームページ恒例の優勝予想番付パワーランキングでは世界ランキング1位のローリー・マキロイ(北アイルランド)、マスターズ覇者のジョーダン・スピース(米国)に次ぐ3位にランクイン。今季はまだ未勝利ながら今季8度のトップ10入りを果たす安定感はもちろん高評価の対象だ。

 舞台となるチェンバーズベイは硬く傾斜したフェアウェイをバンカーとウェイストエリア、長いヒースが取り囲む荒涼とした雰囲気。大きなグリーンは狙いどころが限定される強烈なアンジュレーションがあるため総合力の高さが求められることとなりそうだ。狙ったポイントに打っていけるティショットと、ツアー屈指のアイアンショットを持つ松山がどう攻略していくのか世界も注目している。

 日本勢は松山に加えて米国最終予選を突破した石川遼、日本予選から川村昌弘、藤田寛之、薗田峻輔が出場する。

<ゴルフ情報ALBA.Net>