米国男子ツアー「フェデックス・セントジュード・クラシック」終了時点FedExCUPポイントランキングが発表された。

 全米オープン前週のランキングは、トップ10に変動はなし。1位のジョーダン・スピース(米国)、2位のジミー・ウォーカー(米国)が抜け出ており、出場7試合ながら2勝を挙げているローリー・マキロイ(北アイルランド)が3位につけている。

 「フェデックス・セントジュード・クラシック」に出場しなかった松山英樹も9位をキープ。

 同大会でツアー初優勝を挙げたファビアン・ゴメス(アルゼンチン)が124位から36位に浮上している。

【FedExCUPランク(6月14日付)】
1位(-):ジョーダン・スピース(2,528pt)
2位(-):ジミー・ウォーカー(1,904pt)
3位(-):ローリー・マキロイ(1,428pt)
4位(-):チャーリー・ホフマン(1,390pt)
5位(-):パトリック・リード(1,349pt)
6位(-):J・B・ホームズ(1,320pt)
7位(-):ダスティン・ジョンソン(1,319pt)
8位(-):ブラント・スネデカー(1,250pt)
9位(-):松山英樹(1,206pt)
10位(-):バッバ・ワトソン(1,188pt)
11位(-):ジャスティン・ローズ(1,185pt)
12位(-):ロバート・ストレブ(1,180pt)
13位(-):ベン・マーティン(1,132pt)
14位(-):クリス・カーク(1,086pt)
15位(-):ジェイソン・デイ(1,076pt)
16位(↑4):スティーブ・ボウディッチ(1,074pt)
17位(↓1):ケビン・キスナー(1,072pt)
18位(↑6):ブルックス・ケプカ(1,066pt)
19位(↓2):リッキー・ファウラー(1,048pt)
20位(↓2):ビル・ハース(1,036pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>