<スターツシニアゴルフトーナメント 最終日◇14日◇スターツ笠間ゴルフ倶楽部(6,950ヤード・パー72)>

 国内シニアツアー第3戦「スターツシニアゴルフトーナメント」は全日程が終了。2日目に“63”の猛チャージで首位に立った室田淳は最終日でも5バーディ・1ボギーの“68”で回り、トータル19アンダーに伸ばし、今季初優勝を果たした。

シニアツアーでフォトギャラリーでチェック!
 「昨日の上がり3連続バーディが大きかったね。コースコンディションもいいし、コースもトリッキーじゃないから4ストロークの差は大きいね」と大きなリードをもって最終日を迎えた室田。それでも守るつもりはなく、「少し積極的な気持ち」でスタート。すると2番パー5で早速バーディが奪取。さらに6番でもバーディを奪い17アンダーまで伸ばす。しかし、2位スタートの田村尚之が前半で4つ伸ばし2打差まで詰め寄られた。

 それでも後半の11番でバーディを奪い3打差に。13番ではこの日唯一のボギーを叩くも田村もボギーを叩きため差は縮まらず。続く14番バーディを奪い再び4打差。さらに最終18番をバーディで締めて、大会記録の19アンダーで逃げ切った。

 「冬場に腰を痛めて、いつも通りのトレーニングが出来なかったんですよ」と万全の状態でシーズンを迎えることはできなかった室田だったが、それでも3戦目で優勝、「春先に優勝出来て少しは気持ちが前向きになりました」と笑顔を浮かべた。

 今後の目標を聞かれた室田は、「シニアツアーを盛り上げる事ですね。レギュラーで勝とうという気持ちはなくなりましたね。チャンスが有ればレギュラーに出て若い人達と回って自分を高めたいですね。シニアの試合数が増えて、たくさんのバーディを見せられればいいですね」と。やはり今年も鉄人・室田がツアーを引っ張る。

 トータル15アンダーの2位には田村尚之と尾崎直道。続くトータル14アンダーの4位タイには久保勝美と東聡の2人が入った。

【最終結果】
優勝:室田淳(-19)
2位T:田村尚之(-15)
2位T:尾崎直道(-15)
5位T:久保勝美(-14)
5位T:東聡(-14)

<ゴルフ情報ALBA.Net>