<サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 最終日◇14日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,511ヤード・パー72)>

 ラウンド後のイ・ボミ(韓国)はすがすがしく振り返った。「今日は負ける理由があった」。女子ツアー「サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」最終日。4打差の2位タイからスタートしたボミは、途中首位の成田美寿々に1打差まで詰め寄るも最後は逃げ切りを許し2位で4日間の戦いを終えた。

イ・ボミの特選PHOTOを写真館でチェック!
 前半だけで4バーディを奪取し成田にプレッシャーをかけた。だが2打差までしか詰め寄ることはできず「午前で4アンダーならチャンスあると思ったんですけど、美寿々さんは重圧に感じて無かったと思う」と。

 後半では、成田が12番でボギー、1打差まで縮めたがここまで。「16番(自身はパー)では私も上手く打ったけど、美寿々はもっと上手く打ってバーディ」と、最後まで並ぶことすらできず、逆転優勝はならなかった。

 「今日は負ける理由がありましたね」とボミ。それは自身ではなく成田のプレーが良かったこと。「グリーンを外してもアプローチで上手く寄せてパー。私からのプレッシャーを感じることなく、自信を持ってラウンドされていましたね」。

 だが、これで今季5度目の2位フィニッシュ。賞金880万を加算し、いよいよ大台も見えてきた。「もちろん嬉しいです。できるだけ早く1億円を突破したいですね」とニンマリ。悲願である賞金女王へ、また一歩近づいた。「2位だって難しいですし、ずっと2位で賞金女王でもよいですよ(笑)」とボミ。今日は成田に逃げ切りを許したが、賞金レースでは今度は自分が逃げ切ってみせる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>