<シンハコーポレーション タイランドオープン 2日目◇12日◇サイアムカントリークラブ プランテーションC(7,295ヤード・パー72)>

 国内男子ツアーとワンアジアツアーの共催試合「シンハコーポレーション タイランドオープン」の2日目。12時30分に雷雲接近のため、競技は一時中断に。3時15分に再開されたが、21組60名がホールアウトできず、18時40分に日没サスペンデッドとなった。

国内男子ツアーのここまでを写真で振り返る
 この日9つスコアを伸ばす猛チャージを見せた、2010年の国内ツアー賞金王、キム・キョンテ(韓国)とジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)がトータル9アンダーで暫定首位タイに。日本勢では7バーディ・ノーボギーの“65”でホールアウトした新鋭、平本穏(ひらもと・やすき)がトータル7アンダー暫定6位タイ。ホールアウトはできなかったが、11ホールを消化し、トータル8アンダーまで伸ばした小林伸太郎が暫定3位タイ。岩田寛は16ホールを消化し、トータル7アンダーで平本と並び暫定6位タイとなっている。

 初日は韓国、タイ勢がリーダーボードの上位を占め、日本勢の最高位は9位タイ。クラブハウス内に設置されたモニターでは順位、選手名とその国旗が表示されるが、最初の画面に日の丸は無し。「日本人がたくさん出ているのに、日の丸がなくてイラッとしました」と奮起したのが平本だ。

 初日はラインを厚めに読みすぎていたが、この日は「気持ち薄めに読んだらハマった」とチャンスをことごとく沈め、7つのバーディを量産。「ボールを打って、コロがす。ゴルフ自体はどこでも一緒」、日本と異なる環境でもそれを意に介さずプレー。「暑さで集中力がなくなったりします」と気温と湿度の高さには苦しめられたが、見事優勝を狙える位置で決勝ラウンドを迎えることができた。

 「その週に一番強くて、運もある人が優勝する。だから外国の人が勝つのはしょうがないけど、やっぱり日本の人は見ていてつまらないと思う」、と海外勢が席巻している国内男子ツアーに危機感を覚えている。「日本の選手が頑張っている姿を見て、喜んで欲しい」、その一念でこの日は56位タイから暫定ながらトップ10にまで順位を上げてきた。

 なお、平本は頭に血が上りやすい性格で、研修生時代の先輩・竹谷佳孝によればすぐイライラすることから“イラ本”など、多数のあだ名があるという。最近では「だいぶマシになってきました」とプレーに中にキレることは少なくなったそうだが、今回はイラっとしたことが好スコアの要因に。ゴルフは本当に奥が深い。

 平本の他、小林と岩田も順位を上げてきており、週末は優勝争いに絡んでくるだろう。国内男子ツアーは海外勢に押されがちだが、日本男児の逆襲がこの異国の地から始まることに期待したい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>