<KPMG女子PGA選手権 初日◇11日◇ウェストチェスターCC(6,670ヤード・パー73)>

 今大会に出場する日本人選手は全員が揃って出遅れた米国女子メジャー第2戦『KPMG女子PGA選手権』の初日。そんな中、2バーディ・2ボギーのパープレで回った野村敏京が60位タイにつけ、日本勢トップとしている。

USLPGAをフォトギャラリーでチェック! 
 この日、INからスタートした野村は12番(パー5)で2オンに成功させ、幸先良くバーディが先行。さらに折り返して1番(パー3)では2mにつけて2アンダーとする。しかしそのあとは3番、7番で立て続けにボギーを叩きイーブンパーに後退。結局そのままホールアウトとなった。

 初日はスコアを伸ばせなかった野村だが「メジャーで初日イーブンはいいと思う」と納得。それに「どんどん良くなって来ている。フェードを打つ練習をしていて、いいショットもあった。それがうまく行った」と手応えを感じている。それでも「メジャーだからスコアは落ちてくる。どんどん難しくなる」と警戒。「4日間で通算5アンダーならトップテンにはいると思うので、自分のゴルフをしたいと思う」。ショットに手応えを感じている野村。明日は予選突破へ向けてスコアを伸ばすのみだ。

 また、初日4バーディ・5ボギーと出入りの激しいゴルフだった上原彩子は1オーバー77位タイとした。「序盤はロングパットがすごくオーバーして、それから後半はグリーン上でタッチがなかなか合わせられなかった」とパッティングに苦戦。「グリーンのスピード感がなかった。良かったところはないです」。初日はグリーンに対応できずに苦戦しているが、1オーバーで踏みとどまっている。グリーンの速さにアジャストできれば順位を上げられるはず。

<ゴルフ情報ALBA.Net>