<サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 初日◇11日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,511ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」の初日。今季4連続予選落ちするなど波に乗れていないナ・ダエ(韓国)が5アンダー3位タイの好位置につけた。

ナ・ダエの特選PHOTOを写真館でチェック!
 「出だしはショットが良かった」と3つのバーディを奪ったダエだが、7番でボギーを叩くと失速し悪い流れに。さらに後半の12番でもスコアを落とした。ところが4番パー4でセカンドショットを、もう少しでチップインのピン側10センチにつけバーディを奪うとそこから4連続でバーディを奪ってV字回復。「私がティオフしたときすでに7アンダーでした(笑)」という首位の成田と4打差まで縮めて初日を終えた。

 今季はなかなか結果を出せず、弱気になっていたダエ。短いパットを打とうとする度に「外したら予選落ちかも」という不安が押し寄せたという。そこまでゴルフ自体は問題なかっただけに、メンタルの問題であることは明らかだった。

 そこで「リゾートトラストレディス」の後、韓国に帰国しコーチに見てもらいながら毎日のように練習場に通い、“もう予選落ちしない”と思えるまで猛練習した。さらにチャームポイントの長い髪を。バッサリ。「20センチくらい切りましたよ。リフレッシュできました」と女性らしいやりかたで気持ちを入れ替えた。「(優勝した)meijiカップの時くらいの長さだね」とキャディから言われ、縁起の良さを感じながら良い気分でラウンドできた。

 「明日は午前組だから、風はちょっとだけマシだと思います。それにグリーンも夜に降る雨で柔らかくなってると思うので、良いコンディションでできますね」と天候も追い風。「明日は(午後スタートの)成田さんがティオフするときにプレッシャーをかけられるといいですね(笑)」。短い髪をなびかせながら、笑顔でクラブハウスを引き上げた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>