<KPMG女子PGA選手権 事前情報◇10日◇ウェストチェスターCC(6,670ヤード・パー73)>

 ニューヨーク州にあるウェストチェスターCCで11日(木)に開幕を迎える、2015年の米国女子メジャー第2戦「KPMG女子PGA選手権」。今年からKPMGが冠スポンサーとなりリニューアルした今大会。大会名が示す通り今年からPGAオブ・アメリカが競技運営を務めることも大きな変更点だ。

大会中毎日ハイライトを配信!インタビューも!LPGA公式動画更新中
 月曜日から練習ラウンドをこなし、この日は練習場で調整した宮里美香もその大きな変化を感じ取っている。「いかにも“メジャー”という雰囲気になった。全米女子オープンと変わらない。選手としてモチベーションが上がる。この雰囲気はすごく気合いが入る」。メジャータイトルになみなみならぬ思い入れを持つ宮里だけに、この変化は大歓迎。「あと、ホスピタリティもすごい。2ホール毎にお菓子とかバナナとかある(笑)」と競技以外の変化にも笑顔を見せた。

 「ショットは去年に比べて悪くない」。クラブセッティングには、トップで通過を果たした5月18日(月)の「全米女子オープン」最終予選から使用を始めているヘッド体積400CCの、スリクソン Z945 ドライバーを引き続き入れてこちらも好感触は維持している。それだけにカギとなるのはグリーン上だ。「グリーン周りで苦労しているし、パッティングでフラストレーションの溜まるラウンドが続いている。そこだけだと思う」この日もパッティング練習に多くの時間を割いた。

 「我慢大会になる。優勝争いをしたいのはもちろんあるけれど、トップ10にはいることが一番。コースマネジメントをしっかりできれば良い結果につながると思う」。メジャー初戦「ANAインスピレーション」では日本人最高位となる29位タイフィニッシュ。高ぶる気持ちを力に変えて、メジャーのティオフを迎える。

<ゴルフ情報ALBA.Net>