<KPMG女子PGA選手権 事前情報◇10日◇ウェストチェスターCC(6,670ヤード・パー73)>

 2015年の米国女子メジャー第2戦「KPMG女子PGA選手権」は、ニューヨーク州にあるウェストチェスターCCで11日(木)に開幕を迎える。今大会初の出場となる横峯さくらは大会前日のこの日は午後にコースに入ってショット、パットの練習を行い最終調整を終えた。

大会中毎日ハイライトを配信!インタビューも!LPGA公式動画更新中
 この日は練習ラウンドは行わなかったものの、日曜日に9ホール、月曜日に9ホール、そして火曜日のプロアマで18ホールを回ってコースは把握。「距離もしっかりあるし、狭いという感じではないけど、グリーンもすごくアンジュレーションがあってセカンドショットの距離感が難しい」と今年から開催コースとなったウェストチェスターCCを分析。「しっかり粘りのあるゴルフが要求されると思う」とメジャーらしい我慢比べを覚悟した。

 自身の調子については「フェードを打ちたくても逆球が出てしまったりするのがここ最近ずっと」とショットに不安を抱えてのティオフとなるが、「だいぶ練習場では打てるようになってきた。練習場では打てているのであまり期待せずにやりたいですね」。現状を受け入れてコースと対峙していく。

 「良い成績を残したいという気持ちがすごい強い」と語るメジャータイトル。米ツアーメンバーになったからこそその重みも身に染みている。「米ツアーにも慣れるのにだいぶかかった。芝も違うし、食事も移動距離も。でもだいぶ対応出来てきたかなと思う」。米ツアーでの戦いをスタートさせてからもうすぐ半年。積み重ねたものはもちろん苦労だけではない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>