<シンハコーポレーション タイランドオープン 事前情報◇10日◇サイアムカントリークラブ プランテーションC(7,295ヤード・パー72)>

 国内男子ツアーとワンアジアツアーの共催大会「シンハコーポレーション タイランドオープン」がタイのサイアムカントリークラブを舞台に明日11日(木)に開幕。

国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 コースは粘っこいのラフと落しどころの難しい、アンジュレーションのキツい小さなグリーンが特徴。公式会見に呼ばれた前回覇者のプラヤド・マークセン(タイ)は会見で、日本勢では誰が活躍しそうかとの質問に「誰か1人選ぶなら小田(孔明)だね。飛距離もあるし、アイアンショットも正確だ」と昨年の賞金王の名を挙げた。

 その小田はこの日アウトコース9ホールをラウンド。ショットは全体的に安定し、笑顔がこぼれる練習ラウンドとなった。先週の「日本ゴルフツアー選手権」では今季初のトップ10フィニッシュ、ようやく「調子があがってきた」とプレーに手ごたえを感じることができた。

 「フェアウェイに置けば、ピンのある面を狙うことができる」、ティショットは丁寧に、セカンドショットは積極的に。コースの攻略法はすでに分かっている。12月と2月にもタイの試合に出場、そのころに比べると「湿気がすごい。暑さで体力が奪われる」とまとわりつく暑さは難敵だが、「グリーンは止まる。スコアは伸びると思うし、アイアンショットの調子で上と下はそうとう差が開くと思う」と正確なアイアンが持ち味の小田に有利なコンディションに。

 「今週はいけると思うな」とはっきり自信を口にした小田。日本の選手もアジアの選手も知り尽くすマークセンも小田の活躍を予想した。今週は昨年の賞金王がタイで大暴れしてくれそうだ。

 小田は日本からタイに向かう時は飛行機が約3時間遅れ、昨日のプロアマ戦では雷のため約1時間半の中断があり、終わったのは7時すぎ。少し不運が続いているが、この灼熱のタイから巻き返しとなるか。明日はムン・ギョンジュン(韓国)とフォックス・ライアン(ニュージーランド)と現地時間7時18分にスタートする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>