6月18日に(木)に開幕を迎える、男子メジャー第2戦「全米オープン」の最終予選会が8日(月)に米国各地の10会場で行われる。現時点で同メジャーへの出場権を持たない石川遼は、オハイオ州コロンバス会場(ブルックサイドゴルフ&CC、ザ・レイクスゴルフ&CC)での36ホール一発勝負の予選会に挑む。

苦しい戦いに苦悶の表情を浮かべる石川遼
 コロンバス会場はブルックサイドゴルフ&CC、ザ・レイクスゴルフ&CCの2コースを使用しての1日36ホール。石川は8時30分にジェームス・ハーン(米国)らと共にスタートする。コロンバス会場にはビジェイ・シン(フィジー)、スティーブ・ストリッカー(米国)、ベ・サンムン(韓国)らも出場を予定しており、メジャー切符争いは厳しいものとなりそうだ。

 フロリダの会場では元世界ランク1位のルーク・ドナルド(イングランド)も予選会からの這い上がりをかけた36ホールを戦うこととなっている。チェンバーズベイへの最後の切符をつかむのはいったい誰になるのか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>