<ヨネックスレディスゴルフトーナメント 最終日◇7日◇ヨネックスカントリークラブ(6,352ヤード・パー72)>

 見事9年ぶりに『ヨネックスレディスゴルフトーナメント』を制した大山志保。「2006年よりも成長を感じられた」と語った優勝からは、大山の飽くなき向上心が大いに感じられた。

大山志保の特選PHOTOを写真館でチェック!
 「2006年は長い距離のパッティングと勢いだけでした。今の方がショットもアプローチもレベルが全然違います」と大山。そのアプローチの見せ場は今日の5番。セカンドショットをグリーン奥のギャラリー席まで放り込み左足下がりの難しいライからのものだ。「今までだったら“何でこんなところに打ったんだろう”と嘆いてました」という場所からピンにピタリとつけるアプローチ。このパットは外したものの、「今日のベストショット。100回やって1回できるかどうか(笑)」と自信につながったと語る。

 それ以外にも去年よりも飛距離が伸びたりと、38歳となった今もなお成長を続けている大山。だが今は特定のコーチに師事しているわけではない。「昔は何人かのコーチに習っていたのですが、私にとっては情報過多になっていたのかもしれない、と。だから今は自分がコーチみたいな感じで取り組んでいます。色々悩んで辞めたいなぁと思うときもあるけど、次の日になったらまたゴルフをやりたくなっていて。そうなると色々アイデアが浮かんでくるんですよね」となかなか優秀なコーチのようだ。。

 また、コーチをつけていないことについては、以前にこうも語っていた。「人から教わったものって忘れてしまいがちですけど、自分自身で掴んだものってなかなか崩れないし、忘れることはほとんどないですよね。それが大きな財産になるんです」。

 そんな大山“コーチ”の“指導”の1つとして、勝つためには好きなものすら断つというものがある。「スイーツ、特に生クリームが大好きなんですけど、今年のオフはすごいトレーニングをしてきたし“勝つまで食べるのやめよう”って」。ここまで結果を残せず、「今年は食べられないかもな…」と途方にくれる時期もあったが見事、ご褒美をゲット。「今晩は食べます。も〜、イメージしただけで嬉しい」と笑顔がはじけた。

 常々「45歳まで続ける」と話していた大山だが、今日の優勝スピーチでは「50歳まで頑張ります」と5年延長を宣言。その真意は「成し遂げたい目標がありますから。まだまだ学ぶべきこと、やるべきことがたくさんあるので45歳ではやめられないですね」。そして、その全てはこの一言に集約される。「ゴルフが大好きですから」。

<ゴルフ情報ALBA.Net>