<ヨネックスレディスゴルフトーナメント 2日目◇6日◇ヨネックスカントリークラブ(6,352ヤード・パー72)>

 「67で回れたのは満足」と笑顔のホールアウトとなった。国内女子ツアー「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」2日目で3位タイからスタートした大山志保が7バーディ・2ボギー。スコアを5つ伸ばし首位タイに浮上した。

大山志保の特選PHOTOを写真館でチェック!
 「今日はショットがすごい良かった」と大山。5番で3メートル、続く6番では30センチにつけるなど3連続バーディ。途中3パットのボギーもあったが「すぐに気持ちを切り替えられた」と上がり2ホールでも連続バーディを奪取。最後まで気持ちを切らすことなくリーダーボードを駆け上がった。

 強風が吹き荒れるラウンドとなったが、「風は好きで楽しいです」と意に介さず。多くの選手が苦労する中、「風の日はシンプルに、感じたとおりに打つだけです。(風が)回ってるとかは意識してないですね」と次々にチャンスにつけてはモノにした。

 そんな大山と並んで首位に立っているのは年上の表純子。同組は大歓迎だ。「今大会で優勝しています。さらに今回も上位で戦っているし、尊敬する先輩です。お互い良いプレーをしたい」。そう語るも、「最後は私が優勝できれば」と本音を覗かせた38歳。今季初優勝に向けて、相手が先輩とて譲るつもりはさらさらない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>