<ザ・メモリアル・トーナメント 2日目◇5日◇ミュアフィールド・ビレッジGC(7,392ヤード・パー72)>

 米国男子ツアー「ザ・メモリアル・トーナメント」の2日目。初日102位タイと出遅れた石川遼は4バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの“73”でラウンド。スコアを1つ落としトータル4オーバーで予選落ちを喫した。

遼、松山のプレーを写真で振り返る!
 「良いショットもあったのに、悪いショットのほうが多かった」と巻き返しはならず2日間で姿を消すことに。「自分が思ったよりもクラブが走っている。悪いことじゃないと思う。でもそこで距離を合わせていけなかった」とアイアンショットの距離感が合わずスコアメイクに失敗。

 「1打1打は良かったけれど、全体をみればつながりが無かったし、まったくかみ合わなかった」と流れにのれず悔しい結果に。「すごく悔しいですけど、しっかり自分で整理して次ぎの試合に繋げたい」と唇をかんだ。

 石川は週明けの月曜日に「全米オープン」の予選会に出場。1日で36ホールを回る長丁場だが「目の前の1打をやっていくだけ。最初の18ホールで良いスコアを出して余裕をもってできればチャンスはあると思う」と前半からしっかり攻めてメジャーへの切符を狙いにいく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>