<ヨネックスレディスゴルフトーナメント 初日◇5日◇ヨネックスカントリークラブ(6,352ヤード・パー72)>

 新潟県にあるヨネックスカントリークラブを舞台に開幕した国内女子ツアー「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」。先週の「リゾートトラストレディス」を制したテレサ・ルー(台湾)、昨年覇者の成田美寿々が共に好スタートを切った。

大会初日の模様をライブフォトで振り返る!
 「今日はアイアンが良かった。たくさんバーディチャンスについた」と6バーディ・ノーボギー、単独首位発進と笑顔のラウンドとなったテレサ。「5ヤードのスライスラインが入ったりラッキーもありました。でも50センチのパットを外したのでチャラですね(笑)」と冗談を口にする余裕も。

 今週勝てば自身初となる2週連続優勝。だが本人の意識はそこではない様子。「そのことは考えていません。ただ、所属する太陽生命の社長さんに挨拶に行ったときに“今週14アンダーなら、平均ストロークが(テレサの目標である)60台になるよ”と言われました。どうしても60台を出したいので頑張ります」。明日も周りに惑わされること無く、自分のスコアだけに集中して戦っていく。

 一方連覇のかかる成田も4アンダーの3位タイ。13番パー5では2オンに成功すると、ピン手前5メートルのパットをねじ込み、「すっごくうれしくて」と右拳を天高く突き出す会心のイーグル。「2ボギーがちょっと気になりますが…イーグルも獲れたし良い一日だった」と満足の行くスタートとなった。

 「パッティングの調子が良く、ヒットミスが無かった。あとは“バーディを獲りたい”という気持ちが空回りしていたアイアンも、テンポよく打つことを意識して大分良くなった」とニンマリ。「連覇へのプレッシャーはないです。誰も勝つと思ってないので(笑)今日4つスコアを伸ばせたので、目標の3日間3アンダーに1つ貯金ができたと思ってやりたい」と気持ちに余裕を持ってムービングデーに臨む。

<ゴルフ情報ALBA.Net>