<ザ・メモリアル・トーナメント 初日◇4日◇ミュアフィールド・ビレッジGC(7,392ヤード・パー72)>

 ジャック・二クラスがホストを務める、米国男子ツアー「ザ・メモリアル・トーナメント」の初日。昨年覇者の松山英樹が4連続を含む8バーディ・ノーボギーの“64”と爆発。8アンダーでボ・バン・ペルト(米国)と並び首位タイに。連覇に向け最高のスタートを切った。

二クラスとがっちり握手をする松山英樹
 松山のこの日のフェアウェイキープ率は92.86%、パーオン率は94.44%。フェアウェイを捉えそこなったのも、パーオンできなかったのもわずかに1回と圧巻のプレーを見せた。

 2打差の3位タイにはラッセル・ノックス(スコットランド)とジェイソン・ダフナー(米国)、3打差の5位タイにはハリス・イングリッシュ(米国)ら7選手がつけた。

 優勝候補の一角、ジョーダン・スピース(米国)は4アンダー12位タイとまずまずの位置に。松山と同組のフィル・ミケルソン(米国)とリッキー・ファウラー(米国)はイーブンパーで68位タイ。タイガー・ウッズは1オーバー85位タイ、石川遼は3オーバー102位タイと出遅れてしまった。

【初日の順位】
1位T:松山英樹(-8)
1位T:ボ・バン・ペルト(-8)
3位T:ラッセル・ノックス(-6)
3位T:ジェイソン・ダフナー(-6)
5位T:ライアン・ムーア(-5)
5位T:ケン・デューク(-5)
5位T:ハリス・イングリッシュ(-5)他

12位T:ジョーダン・スピース(-4)

69位T:フィル・ミケルソン(E)
69位T:リッキー・ファウラー(E)他
84位T:タイガー・ウッズー(+1)他

102位T:石川遼(+3)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>