<日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills 事前情報◇3日◇宍戸ヒルズカントリークラブ(7,326ヤード・パー71)>

 今季の2つめのメジャー大会「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」が4日(木)に開幕するが、今大会の終了時点での賞金ランキング上位2選手(タイ含む)には「全英オープン」の出場権が与えられることでも注目が集まる。

国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
現在までの全英オープンの出場権は、以下のとおり。

【出場権を獲得している日本人7名】

池田勇太 4回目 2014年日本オープン優勝
小田孔明 5回目 2014年度賞金ランキング1位
藤田寛之 5回目 2014年度賞金ランキング2位
松山英樹 3回目 世界ランキング50位以内(5月24日時点)

手嶋多一 3回目 ミズノオープン優勝
高山忠洋 4回目 ミズノオープン3位タイ
富村真治 初出場 ミズノオープン3位タイ

 今大会終了後の日本人選手の滑り込みが期待されるが、現時点での賞金ランク1位、2位はアダム・ブランド(オーストラリア)、マイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)。優勝賞金は3,000万円、単独2位で1,500万円、単独3位でも1,000万以上と賞金が高額で、賞金ランク5位の山下和宏、同6位の片岡大育は3位以内でも出場権を獲得できる可能性を持っており、海外志向の高い片岡は「優勝争いをして1位、2位で上がれれば」と意気込みを見せている。

【ミズノオープンまでの賞金ランク上位10名】

1位:A・ブランド 31,192,000
2位:M・ヘンドリー 30,046,222
3位:I・J・ジャン 27,725,000
4位:手嶋多一 24,888,500(※獲得済)
5位:山下和宏 23,474,000
6位:片岡大育 22,345,400
7位:S・ストレンジ 17,229,700(※獲得済)
8位:藤本佳則 16,456,696
9位:李尚熹 15,468,000
10位:高山忠洋 13,348,050(※獲得済)

 もちろんトップ10以内の選手だけでなく、優勝すれば自動的に当確ランプが灯るので、ほぼすべての選手にチャンスはある。優勝者は「WGC-ブリヂストンインビテーショナル」の出場権を得ることもできるだけに、かねてから海外参戦の気持ちを強くもっている一昨年の覇者・小平智ら若手も虎視眈々と狙っているだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>