<〜全英への道〜 ミズノオープン 最終日◇31日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(7,415ヤード・パー72)>

 もつれた「全英オープン」出場権最後の1枠を手にしたのは、トータル11アンダー3位タイに食い込んだ24歳の富村真治。優勝した手嶋多一と共にミズノ勢で全英への2枠を確保した。

国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 目まぐるしく順位が入れ替わる中、富村はサングラスの奥に闘志を押し込んでスコアを伸ばした。OUTから出て1つスコアを伸ばして前半を終えると、10番、11番の連続バーディで上位に肉薄。さらに15番でもバーディを奪うと、17番ではセカンドをもう少しでイーグルかというスーパーショットで抜け出した。

 「残り172ヤード。アゲていたからいつもなら6番アイアンだけど、気持ちも乗っているし7番で打ったら思い通りに飛んだ。あの状況でよくあの選択ができたと思う」。的確なジャッジで後続の海外勢を押しのけて、最後の1枠を自らの力でもぎ取って見せた。

 沖縄県出身の24歳。シード1年目の昨シーズンは20試合を戦って15試合で予選を通過するなど安定したプレーを見せたが「まったく通用しなかった」と手ごたえはなかった。賞金ランク82位でシードを落とすとQTに回っても35位とふるわず。「ごまかしながらやっている感じ。これじゃダメだと」。さらに上のステージを目指すために変化を求めた。

 「グリップ、アドレスからイチから変えた」スイングだけでなく、トレーニングによる肉体改造にも着手。普段の歩き方も「お尻を高くして姿勢よく」と日常生活から意識することで、明らかに自分のゴルフが変わってきた。「ドライバーの飛距離も出ているし、アイアンの高さも強さも出てきた。自分のゴルフが変わったと実感しながら回っていた」。

 「今はもうパワーゴルフになっている。海外に目を向けるとテレビで見ても躍動感を感じるし、ああならないといけないと思う。変わっていかないと世界から置いていかれる」。テレビに映るトッププレーヤー達をそのまま真似することはできないが、ローリー・マキロイ(北アイルランド)ら自分と年もそう変わらない選手達の存在は大きなモチベーションだ。

 火曜日にはミズノ契約プロを集めた会食が行われ、水野社長からは「ミズノ勢から1人でも多く全英へ行ってほしい」と激励された。若手の富村はその場で発言する機会はなかったが「“俺が行ってやろう”と思っていた」。この日も常にリーダーボードを意識しながらラウンド。「目を背けたいというのが本音だけど、上を絶対抜いてやろうと思っていた」最後までなえることはなかった闘志。その真っすぐな思いはそのまま聖地につながっていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>