<AT&Tバイロン・ネルソン選手権 3日目◇30日◇フォーシーズンズ・リゾート&クラブ・ダラス at ラスコリナス(7,166ヤード・パー70)>

  米国男子ツアー「AT&Tバイロン・ネルソン選手権」の3日目は、2日目の日没サスペンデッドによる未消化のホールをラウンドし、終了後第3ラウンドが行われた。その第3ラウンドでは、初日から首位に立つスティーブ・ボウディッチ(オーストラリア)が、5バーディ・1ボギーの“65”をマーク。トータル13アンダーまで伸ばし単独首位、ツアー2勝目に王手をかけた。

 2打差のトータル11アンダー2位タイにはこの日のベストスコア“62”で7つ伸ばしたダスティン・ジョンソン(米国)や地元テキサス州出身のジミー・ウォーカー(米国)、ジョン・カラン(米国)ら5人が並び、続くトータル10アンダー7位タイにはチャーリー・ホフマン(米国)、ライアン・パーマー(米国)、ジョー・アフランティ(米国)の3人がつけた。さらにトータル9アンダー10位タイにはブレンドン・デ・ヨング(ジンバブエ)、ザック・ブレア(米国)ら5人が続く。

 また、今大会最注目のジョーダン・スピース(米国)は、第2ラウンドで5つ伸ばし12位タイまで浮上したが、第3ラウンドは3バーディ・1ボギーの“68”で1つしか伸ばせずトータル7アンダーで順位を18位タイまで下げた。

 ちなみにグラウンドコンディションが回復しなかったため、急遽14番パー4をパー3に変更、第2、第3ラウンドはパー69で行われた。

【3日目の結果】
1位:スティーブ・ボウディッチ(-13)
2位T:ダスティン・ジョンソン(-11)
2位T:ジミー・ウォーカー(-11)
2位T:ジョン・カラン(-11)
2位T:ジョナサン・ランドルフ(-11)
2位T:スコット・ピンクニー(-11)

18位T:ジョーダン・スピース(-7)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>