<リゾートトラスト レディス 2日目◇30日◇メイプルポイントゴルフクラブ(6,532ヤード・パー72)>

 2日連続の“68”でトータル8アンダー、首位と2打差の3位タイで最終日を迎える原江里菜。「自分の手応えよりも良いスコアなのでラッキーもあった。このコースはみんなにチャンスがあると思う」と、初日に引き続き運があったというが、「優勝争いに出遅れず最終日を迎えられた」チャンスを活かさない手はない。
 
大会初日をライブフォトで振り返る!
 「昨日よりもパットが良かったし、ショットも良かった。全体的にバランスがとれたラウンドで、いい流れでスコアメイクができた1日」と振り返った原。2日間ともに4アンダーできたことで、「3日間とも4アンダーを続けられたら私のノルマは達成。それよりも上の人がいたら、仕方ない」と割り切った気持ちで最終日の戦いに挑むという。

 「明日はピンポジションによってはロングパット次第になってくると思う」と読んでいる。「(ピンポジの)厳しいところは無理してピンを狙わない。これからロングパットのタッチを練習して備えたい」。2日間のバーディ合戦だったが、最終日はシビアな展開も予想されるだけに、しっかりと対策も練れている。

 今季、優勝の目を残して最終日を迎えた試合は、ホストプロとして挑んだ『PRGRレディス(2位T→25位T)』と、『アクサレディス(5位T→5位T)』、『フジサンケイレディス(3位T→7位T)』の3試合だが、いずれも70台でスコアを伸ばせていない。

 「優勝を狙える人がたくさんいるので、明日は優勝を意識せず自分のノルマ(4アンダー)を達成できるようにしたい」。今大会こそ最終日に強い姿を見せたいところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>