<〜全英への道〜 ミズノオープン 初日◇28日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(7,415ヤード・パー72)>

 「〜全英への道〜ミズノオープン」が岡山県にあるJFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部で開幕。今年は15名が出場したミズノ契約のホストプロ勢で最高位スタートを決めたのが、今大会が今季のツアー初出場となる48歳の白潟英純だ。この日はノーボギーの“66”。6アンダーでシニア目前のベテランが堂々の3位タイスタートを決めた。

国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 昨年は無念のサードQT敗退。今季の出場権を持たないままシーズンインを迎え、契約プロとしての推薦で今大会の芝を踏んだ。1995年から21回連続出場。コースが変わった時期もあったものの半分の10回で予選落ちをするなど決して相性がいいとは言えないが、「長年の課題だったパターが入ってくれた」とこの日はグリーン上を26パットにまとめて好スタートにつなげて見せた。

 「年齢を重ねるごとに打てなくなっていったし、ショートパットを外すことも多かった。シードを落とした時はまるっきり入らなくなった」。ベテランになって悩まされたパッティング。それでも何とか復調の道を探そうと「道具を変えたり、パターの練習時間を増やしたり、握りもアドレスも変えた」と懸命に試行錯誤を続けてきた。

 操作性の高いピンタイプパターから2ボールパターを引っ張り出してきたのも最近のこと。「4日間やるのが目標ですから」と上位への思いは煙に巻きながらも、照準はもちろんこのホスト大会に合わせてきた。

 上位4名に与えられる「全英オープン」出場権についても、シード権もない今はとても大きなことは言えない。それでも、もし仮に白潟が出場すれば、金井清一が持つ45歳11か月23日の日本人の全英オープン最年長初出場記録を大幅に更新することとなる。

 「いやいや。そんなことは、とてもとても(笑)」と本人は最後まで謙虚な姿勢を貫いたが、そこにこっそり割って入ったのが報道陣に混じって白潟の話を聞いていた木村敏美、藤井かすみのミズノ契約女子プロトップ2。ヒソヒソ声で「全英!全英!」の猛プッシュだ。苦笑いで流した白潟だが、取材の輪が解けると2人に脇を抱えられて延長戦に突入。48歳の好発進に、契約メーカー仲間の期待はやっぱり大きいみたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>