<〜全英への道〜 ミズノオープン 事前情報◇27日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(7,415ヤード・パー72)>

 「関西オープン」での初優勝での反響は大きかった。片岡大育は「ビックリするくらい」というSNSやメールでの祝福と、月曜日の全米オープン日本地区最終予選終了後にもよおされた祝勝会の余韻(二日酔い)を少し残しながらプロアマ大会で最終調整を終えた。

国内ツアーにメジャー覇者が登場!タイガーを倒した男とは?
 優勝直後にのぞんだ全米オープン予選は、プレーオフに1打及ばずメジャーへの切符獲得はならなかった。だが、それを悔やんでいる暇もない。今大会にかかるのは聖地セントアンドリュースで行われる全英オープンの切符。「絶対にでたいです。メジャーは全部いきたいですけど、目の前に全英のチャンスがあるので全力で獲りにいきたい」。照準は次なるメジャーに向けられている。

 開催コースのJFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部には思い入れもある。初めて挑んだ2007年のサードQT。まさにこのコースでプロの壁に打ちのめされて涙を飲んだ。以来、このコースにリベンジをするために、毎年この会場で行われるQTにエントリー。プロテストに合格したのもこの工場地帯のゴルフ場だ。

 それだけに、コースは熟知している。「どれだけ風と友達になれるか。この風がきたらこう、というイメージはある」。あとは、例年より硬く速いと各選手が口にするグリーンをどう攻略するかだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>