5月21日から23日にかけて開催された米国女子下部のシメトラツアー8戦目「シメトラクラシック」で森田遥がジェームス・オーガスタ(カナダ)とのプレーオフを制し、嬉しいツアー初優勝を挙げた。

森田遥の特選フォトギャラリー
 「優勝できて本当にうれしいです!今週はパターもショットの感覚も段々と良くなっていき、上手く噛み合ってくれました」と早速結果を出したことに喜びのコメントを寄せた森田。日本を出る時から「不安よりもワクワクのほうが大きい」と話していたが、長期の米国滞在でも「苦労したことは特に無いですね。アメリカだからといって特別な違いはあまり感じませんでした」とすっかり環境にも適応している様子だった。

 また、様々なコースを経験したことで、日本にいた時よりも「対応力が増したと思います」と成長を実感。「自分が今までしてきたことは、間違いではない」とこの優勝でプレーに対する自信を確固たるものにした。

 シメトラツアーで賞金ランク10位以内に入れば、来季のレギュラーツアーの出場権が獲得できる。現在、森田の順位は7位。「一戦一戦ベストを尽くして10位以内に入りたいです」と力強く目標を話していた。

 森田は遠征費用をネットで募るなど、ファンから大きな後押しを受けている。「たくさんの方々からのご支援を頂いて本当に感謝しています!自分のためにも、そして何よりも皆様のためにも全力を尽くそうと改めて実感しました。本当にどうもありがとうございました」。周囲からの期待を自らの力に変え、これからも世界を相手に戦い続ける。

<ゴルフ情報ALBA.Net>