<シメトラクラシック 最終日◇23日◇レインツアーカントリークラブ>

 米国女子下部シメトラツアー8戦目「シメトラクラシック」は23日(土)に終了し、今季からツアーに参戦している森田遥がジェームス・オーガスタ(カナダ)とのプレーオフの末にツアー初優勝を達成した。

日本ツアーから世界へ挑む森田遥とは?
 首位と1打差のトータル7アンダー2位タイから最終日最終組でスタートした森田は、2番から3連続バーディを奪って序盤からスパート。8番でボギーを叩くも2つスコアを伸ばしてバックナインを迎えると、後半も12番、15番、16番とバーディを奪ってトータル12アンダーでホールアウトしていたオーガスタに並んでホールアウトした。

 18番パー3の繰り返しで行われたプレーオフは1ホール目は共にパー。2ホール目でバーディを奪った森田がツアー初優勝を達成した。

 森田は2014年にはアマチュアとしてPRGRレディスで3位タイ、サイバーエージェントレディスで2位に入るなどして活躍。今季はプロゴルファーで初めてクラウドファンディングで遠征費を募って、下部ツアーからLPGAツアーへの這い上がりを目指している。

 米女子下部シメトラツアーは年間23試合で、最終賞金ランキングでトップ10に入ると次年度のレギュラーツアーへの出場資格が与えられる。森田は今大会の優勝で賞金ランク7位に浮上した。

 首位と3打差の6位タイと上位からスタートした有村智恵は最終日にスコアを伸ばせず、トータル5アンダーの12位タイでフィニッシュしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>