<クラウン・プラザ招待 at コロニアル 2日目◇22日◇コロニアルCC(7,204ヤード・パー70)>

 米国男子ツアー「クラウン・プラザ招待 at コロニアル」の2日目。初日、首位タイにつけた石川遼はアウトスタートの2組目でスタートした。

遼、松山の活躍を振り返る!PGA TOUR フォトギャラリー
 石川は出だしの1番でバーディを奪い、幸先のいい立ち上がりを見せるが5番、9番をボギーとしスコアを1つ落として折り返す。後半は14番でバーディを先行させるが、続く15番でボギー。そして難関の最終18番ではティショットを右ラフに入れると、セカンドもラフに。3打目をグリーン左に外すと4打目はグリーンをオーバー。5オンの2パットと最後に痛恨のトリプルボギーを叩いてしまう。

 この日は2バーディ・3ボギー・1トリプルボギーの“74”でラウンド。スコアを4つ後退させ、トータル2アンダーでフィニッシュした。

 石川のホールアウト時点の順位は26位タイ。首位はトータル8アンダーでプレー中のジョーダン・スピース(米国)。まだ午後組の選手の多くはスタートしていないが、現時点のカットラインは1オーバーとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>