<中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン 初日◇22日◇中京ゴルフ倶楽部 石野コース(6,459ヤード・パー72)>

 本日開幕した国内女子ツアー『中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン』。今大会を欠場した昨年覇者、アン・ソンジュ(韓国)と同級生の87年世代、穴井詩、吉田弓美子、服部真夕(生まれは88年)の3選手が揃って好発進を見せた。

大会初日をライブフォトで振り返る!
 5アンダーで首位タイに立ったのが穴井。「すべてに不安がありすぎて…ノーボギーはできすぎです」と我慢の1日だった。穴井は序盤の2番で5メートルのパーパットが残るピンチを迎えるが、これを決めて流れに乗ると5つのバーディを重ねる。だが最後の18番、バーディパットが2メートルオーバー。微妙なパーパットを残すも、これをなんとか決めてホールアウト。リーダーボードの一番上に名を刻んだ。

 すべてに不安を抱えるという穴井が一番気にしているのがドライバー。「右にも左にも出そう。テークバックが始動しやすいポジションにはめられない。18ホールかけても修正できなかった」と表情を曇らせた。

 そんな穴井だが、逆に今の状態をプラスに捉える構えだ。「先週(5位発進も17位フィニッシュ)は初日が良くてそこからちょっとずつ崩れていった。今週は今が悪いので立て直していく感じなのでこれ以上はないだろう、と」。そう話すと、明日をこの日よりも良い状態で迎えるべくドライビングレンジへと歩を進めた。

 同じく首位で初日を終えたのが服部。穴井とは対照的に18ラウンドの自身最多となる9バーディを奪った。「朝一は地元ということもあり、緊張してティショットを曲げてボギーにしてしまった。だけどすぐに次のホールでバーディを奪えたのが良かった」と流れを掴んで以降は11メートルを沈めるなどパッティングが冴えた。

 先週の『ほけんの窓口レディース』で久々に予選を突破。「久しぶりに3日間、本当に楽しく回れました」、今週もその流れを継続し好スタートを切った。「今日は良いゴルフができたと思います。明日以降どうなるか分かりませんが3日間楽しくゴルフができれば」と服部。最高のスマイルを地元の18番ホールで見せたいところだ。

 逆に先週、今季初の予選落ちを喫した吉田だが、今日は4アンダー3位タイと好スタート。「先週はひたすら調子が悪かった。だから“悪いものはもうすべて出し切ったぞ”、と気持ちを切り替えた」と悪い流れを断ち切った。

 加えて今週、アイアンを今までのマッスルバックからキャビティに変えたのが奏功。「縦の距離感が合った。ミスがはっきり出るマッスルバックに比べてキャビティはミスショットでもそこまでミスにならない」とスコアメイクに一役も二役も買った。

 「私が好きな暖かい季節になってきたし、天敵の花粉症も大分楽になった」と吉田。あとは「はまってはいるんだけど、もう少しだけ慣れが必要」と話すアイアンを微調整できれば、2年ぶりの優勝も見えてくるはずだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>