<全米シニアプロゴルフ選手権 初日◇21日◇ピート・ダイコースatフレンチリック(7,147ヤード・パー72)>

 米国シニアメジャー第2戦「全米シニアプロゴルフ選手権」がインディアナ州にあるピート・ダイコースatフレンチリックを舞台に開幕。日本プロゴルフ協会会長にして昨年度の国内シニアツアー賞金王の倉本昌弘が3バーディ・2ボギーの“71”で回り、1アンダーフィニッシュ。単独首位スタートを決めて見せた。

 難コースを相手に多くの選手がスコアメイクに苦労する中、INから出ると10番、13番とバーディを奪って好スタート。15番でボギーを叩くもハーフターン直後の1番でバーディを奪うなど粘りのゴルフを見せた。その後1つスコアを落としたものの、全選手中唯一のアンダーパーで回りきった。

 1打差の2位タイグループにはコリン・モンゴメリー(スコットランド)ら5選手。室田淳も1オーバーの7位タイと上々のスタートを決めた。日本勢は羽川豊が3オーバーの31位タイ、歴代優勝者に名前を連ねる井戸木鴻樹は6オーバーの77位タイとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>