国内女子ツアー「ほけんの窓口レディース」はイ・ボミ(韓国)が2位に4打差をつけ圧勝で待望の今季初優勝を挙げた。

“スマイルキャンディ”フォトギャラリー
 ボミのセッティングは主に最新モデルの『TW727』シリーズで構成。最近のツアーでは本間ゴルフのプレーヤーの活躍が目立つが、ボミも同社のクラブに絶対の信頼を置いている。

 3月のTポイントレディスからはアイアンのシャフトを同社のカーボンシャフト、IB85に変更。関係者によれば、それまで「引っ掛かり気味だった」ショットが格段に良くなり4週連続の2位と安定したプレーにつながったという。

 前出の関係者によればボミは「シャフトの動きとタイミング」に特に注意を払いクラブをくみ上げるという。本間ゴルフ担当者の熱心なサポートもあり、現在のクラブは「完璧に近い仕上がり」と周囲に話しているそうだ。

 ボミのクラブセッティングは以下の通り。

【イ・ボミのクラブセッティング(Whats in the Bag)】
1W:本間ゴルフ TW727 455ドライバー 10.5度 シャフト:VIZARD YA55 フレックス:R 45.5インチ
3W&5W:本間ゴルフ TW727
UT:本間ゴルフ TW717(22度、25度)
アイアン:本間ゴルフ TW727Vn 6〜10I
ウェッジ:本間ゴルフ TW-W(48)、タイトリスト ボーケイSM5(52度、58度)
パター:オデッセイ ホワイトライズiX #1SH
ボール:ダンロップ スリクソン Z-STAR

<ゴルフ情報ALBA.Net>