<ほけんの窓口レディース 最終日◇17日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6,375ヤード・パー72)>

 今季は4週連続2位と優勝をあと一歩で逃してきたイ・ボミ(韓国)が待望の今季初優勝を挙げた。

スマイルキャンディ!イ・ボミのフォトギャラリー
 首位と1打差から出ると、2番では3メートルのパーパットが残るピンチに。しかし、それが「ミスパットだけど入ってくれて」、流れはボミに。3番のバーディで追いつくと、前半だけで4つスコアを伸ばし独走状態で後半へ。「ショットもパットも完璧でした」とバックナインでも2つスコアを伸ばし、この日は6バーディ・ノーボギーの“66”をマーク。スコアを6つ伸ばしトータル10アンダー、昨年自らがマークしたこのコースでのトーナメントレコードを更新し、大会史上初の連覇を達成した。

 18番グリーンで母に抱きしめられ、涙を見せたボミ。昨年の9月に最愛の父、ソクジュさんが死去。昨年の開幕前に父と賞金女王を獲ると約束したが、父を失ったショックは大きく、14年は8月までに3勝を挙げていたが、その後は勝てず賞金ランク3位でシーズンを終えた。

 今季も「父のことを思うと悲しくなってしまって…」、精神的なダメージを引きずり、優勝のかかった場面でパットが思うように決められずチャンスを逃してきた。

 しかし、先週のサロンパスカップで最終日最終組で韓国の新鋭、チョン・インジとラウンド。ボミは高速グリーンを「怖いな、と思ってしまったけど。彼女は楽しんでいた。勉強になりました」と後輩から楽しんでゴルフをやる大切さを思い出させてもらった。

 そして、「先週からお父さんのことを思い出しても、笑えるようになりました」。ようやく精神的にも完全に立ち直り、この日は「100%」という完璧なプレーで優勝。ここまで心配をかけていた母にもようやく勝利をプレゼントでき「すっごくうれしいです」と笑顔がはじけた。

 3日間大会では屈指の高額賞金を誇るこの試合を制し、賞金ランクは首位を堅守。メルセデスランキング、平均ストローク、平均パット数、平均バーディ数も現在1位となっている。

 「今年は父との約束をはたしたいです」。今季こそ賞金女王になる、笑顔の奥に強い決意をみなぎらせていた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>