<キングスミル選手権 2日目◇15日◇キングスミル・リゾート リバーC(6,347ヤード・パー71)>

 初日は噛み合わず81位と大きく出遅れた有村智恵だったが、2日目では一変。6バーディ・2ボギーの“67”をマーク、トータル1オーバーに伸ばし51位タイまで浮上し、予選通過を果たした。

 今季はチャンスにつけてもなかなか決めきれず「ネガティブな気持ちを引きずっていた」という有村。しかし、この日はスタートの1番から3連続バーディを奪取、「出だしで入ってくれたので、あっ、バーディ取れるな、という大きな自信、前向きな気持ちが芽生えた」と波に乗る。その後は7番、さらに後半の14番、15番でもバーディを重ね1オーバーまで巻き返した。

 自身では調子は悪くないと感じていたが初日はかみ合わずに苦しんだ。その初日は午前スタート組だったため時間が空いた午後に納得いくまで練習。その成果もあり「ショットやパットの良いイメージがあったので、出だしからしっかり攻めることができた」。それでもまだグリーン上は不安で「短いパットを決め切れていない、10m〜15mのパットのイメージが出ていない」という。それだけにパットが噛み合えば「良いスコアが出せると思う」と自信を見せる。

 「カムバックできて明日以降もラウンド出来る、思いっきりやりたい」と決勝ラウンドへ向け気合が入る。「トップ10に入ったらショップライトに出れるので、その辺をしっかり見据えてやりたい」。ナイスカムバックで今季初めてレギュラーツアーで予選を通過した有村、この勢いでトップ10、さらにその上を目指したい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>