<ウェルズ・ファーゴ選手権 2日目◇16日◇クエイルホロークラブ(7,562ヤード・パー72)>

 米国男子ツアー「ウエルズ・ファーゴ選手権」2日目は全選手がホールアウト。松山英樹はトータル4アンダー・19位タイで予選突破、石川遼はトータル2オーバー・94位タイで予選落ちとなった。石川は「シェル・ヒューストン・オープン」以来、4試合ぶりの予選落ち。

 予選を終えて、首位に立ったのは、ロバート・ストレブ(米国)とウェブ・シンプソン(米国)。2打差・3位タイにはパトリック・ロジャース(米国)、マーティン・フローレス(米国)がつけている。

 またローリー・マキロイ(北アイルランド)、フィル・ミケルソン(米国)がともに5位タイと好位置に浮上し、首位奪取を狙う。

 順位は以下のとおり。

【2日目の結果】
1位T:ロバート・ストレブ(-10)
1位T:ウェブ・シンプソン(-10)
3位T:パトリック・ロジャース(-8)
3位T:マーティン・フローレス(-8)
5位T:ウィル・マッケンジー(-7)
5位T:ローリー・マキロイ(-7)
5位T:フィル・ミケルソン(-7)
8位T:マイケル・トンプソン(-6)
8位T:ラッセル・ノックス(-6)
8位T:ジェフ・オギルビー(-6)
8位T:ジョージ・マクニール(-6)
8位T:ブレンダン・スティール(-6)
13位T:ケビン・チャッペル(-5)ほか6名

19位T:松山英樹(-4)
94位T:石川遼(+2)

<ゴルフ情報ALBA.Net>