<ウェルズ・ファーゴ選手権 2日目◇16日◇クエイルホロークラブ(7,562ヤード・パー72)>

 強豪がそろい踏み“第5のメジャー”と呼ばれる先週の「ザ・プレーヤーズ選手権」で今季自己最高の8位タイでフィニッシュした石川遼。勢いを継続し、連続上位フィニッシュを狙いたい「ウエルズ・ファーゴ選手権」だったが、2日間トータル2オーバーで、4月初頭の「シェル・ヒューストン・オープン」以来、4試合ぶりの予選落ちとなってしまった。

【写真】遼、松山の活躍を振り返る!USPGAフォトギャラリー
 INスタートの2日目。前半は1バーディ・1ボギーで後半に勝負をかけたいところだったが、2日目のバックナインは大荒れ。2番から6番までボギーとバーディを繰り返し、上がり3ホールを残してトータルイーブンとなっていた。

 カットラインギリギリのスコアで迎えた、7番パー5だったが、ティショットが乱れ“1ペナ”。「そこがすべてだった」という悔やまれる一打でこのホールは“ダボ”。2オーバーとなってしまい、残り2ホールでも取り戻すことができず、無念の予選落ちとなった。

 「前半はずっと我慢できていた。後半に“バーディがきてくれればな”と思っていたが、ボギー先行のゴルフで、全体的にドライバーからグリーンまで、あまり良いところがなかったですね」と振り返った石川。先週結果を残し、ショットの手応えが出てきていたところだったが、「体の軸から外れたスイングになっていたと思うし、アイアンの距離感を合わせていけなかったのが、チャンスを作れなかった原因。こういう週もあると思うけど、我慢できていれば予選は通れていた。少し焦りもあったのかな」。

 流れを掴めなかった今大会だが、「2日間いいところがないなかで予選を通るか通らないかの位置でやれていただけ。もう少し我慢できれば良かったですが、終わってしまったので来週に向けてアプローチしていきたい。来週は好きなコース。楽しみにしています」と来週へと目を向ける。

 今季開幕前は「昨年までとは違う。優勝する準備をしてきた」と語ってきた石川だが不本意な戦いが続いていた。だが先週の「ザ・プレーヤーズ選手権」で“我慢のゴルフで上位争いができる”という感覚を掴むことができた。その感覚を途切れさせないよう、次戦こそは結果を残す。

<ゴルフ情報ALBA.Net>